令和2年7月31日(金)1学期の終業式・表彰式が行われました。

今回も放送による終業式・表彰式となりました。

表彰式では、島根県総合体育大会代替大会等の入賞者の発表が行われました。残園ながら例年通りの壇上での表彰はできませんでしたが。たくさんの生徒が発表され、コロナ禍でも生徒達が部活動に一生懸命取り組んだことがわかる内容でした。

発表風景 
   表彰者の発表

終業式では校長先生の話があり、生徒達は教室で聞いていました。
校長先生の話
  講話をする校長先生
校長先生の話を聞く生徒
  放送を聞く生徒

校長先生の話(概要)

 2ヶ月という短い1学期でしたが、皆勤者も多く、落ち着いた学校生活を過ごすことができたと思います。臨時休業中は外出を控えての自宅生活となり、通常通り登校していれば、難なく取り組めたことも、簡単にはできなかったかもしれません。学校は、我慢しながらでも自分に厳しくできる場です。コロナ禍で、また休業になり、学校に来られなくなった場合に備えて、日頃の行いを少し厳しくすることで、自制心を鍛えておいてください。
 部活動の全国大会中止により、まだ気持ちが整理できていない人もいるかもしれません。目標に向かって頑張ってきた人ほど、悔しさを感じたと思います。新たな目標や、夢に向かって再び動き始めることで、さらに前進して、大きく成長してください。
 残念ながら、ネット上の誹謗中傷によるトラブルが増加しています。企業から、コミュニケーション力を高めることを求められている高校生としては、ぜひアサーティブなコミュニケーション(相手の立場を尊重しながら、相手を傷つけることなく、自分の気持ちや意見をしっかり伝えるコミュニケーションスキル)を実践してください。
 3年生はいよいよ進路決定です。コロナ禍においても本校は多くの求人をもらっています。担任の先生との面談をもとに、保護者の方とも十分に検討し相談した上で、納得した進路をきめてください。そして、気持ちのこもった丁寧な履歴書や願書を作成してください。
 新型コロナについては、夏休み中も引き続き、皆さん1人1人が意識して3密を避ける行動をとり、手洗い・消毒・マスク着用等を適切に行ってください。体調を管理して、1日1日を大切に、有意義な夏休みを過ごし、8月24日の始業式に、元気な顔を見せてください。